鍵トラブルの種類と原因

鍵が抜けない、あるいは入れにくい時の原因

突然鍵が抜けなくなる、なんとなく鍵が入りにくい、といったケースはよく見受けられますが、その原因は一つではありません。特に多い原因は、使っている鍵が純正のものではなく、専門業者などで作ったスペアキーを使用していることによるトラブルです。スペアキーの中には削り方が正確でないものもありますが、鍵を開ける時に多少の違和感を覚えつつも、鍵の開け閉めができればそのまま使い続ける人がほとんどでしょう。

微妙に合わない鍵を無理に使い続けると、その内に中で鍵が引っ掛かる感じが強くなり、最終的には鍵が抜けなくなるまでに悪化することがあります。鍵は1ミリ以下のわずかな誤差でも、使用に悪影響が生じるものです。たとえ鍵自体に異常がなくとも、他の部品に不具合があれば鍵が抜けにくくなります。特に玄関の鍵は使用頻度が高いため、錠本体や鍵に変形が起こり易い箇所です。たとえば鍵が変形するとキーシリンダー内部と鍵がしっかり噛み合わなくなってしまい、中の部品の変形や摩耗を引き起こします。最悪の場合、中で鍵が折れて抜けなくなる原因ともなり得ます。

また、鍵穴にゴミなどの異物が入っている場合にも、鍵の抜き差しがしにくくなるケースがあります。通常の使い方でも鍵穴の中は汚れますし、運が悪いといたずらで異物を入れられてしまう場合も。鍵穴に異物が入っていれば、当然シリンダー内部で鍵が動きにくくなります。車やバイクの鍵が抜けない原因は、ゴミや異物によるものが大半です。その他、シフトレバーの位置がずれていたりハンドルがロックされていたりすると、鍵が抜けなくなることがあるようです。

よくある鍵のトラブル事例とその原因

鍵のトラブルはさまざまです。どういったことが原因で、どのようなトラブルが起こっているのでしょうか。

鍵を持たずに外出

近年の住宅では、自動的に鍵がかかる機能の付いたドアが多くなっています。このため、うっかり鍵を持たずに外に出て、家に入れなくなるケースも増えています。

鍵を回しても開かない

鍵がきちんと回っているのに鍵が開かない時は、ラッチボルトが故障して動かなくなっていることが原因です。本来、鍵を回せばラッチボルトが動かなければなりません。

お風呂場

お風呂場の鍵が開かなくなってしまうことがあります。原因は、湯気や湿気によるサビです。サビが酷い場合、鍵を壊さなければ外せないケースもあります。

ドアガード

マンションのドアガードが勝手にかかってしまうというトラブルは案外少なくありません。これはドアガードが緩んでいることが原因です。ドアガードがかかった状態だと、鍵で開けても扉を開けることができず厄介です。

金庫の鍵のトラブル

金庫のダイヤルをガムテープなどで固定し、いちいちダイヤルを回さなくてもいいようにして使用している人はたくさんいます。ただ、それが原因でダイヤルの番号を忘れ、うっかりダイヤルを回してしまった時に金庫が開けられなくなることも多いようです。

旅行から帰宅

旅行から帰宅した時、玄関のドアの鍵が見つからずに家の中に入れないトラブルもよくあります。特に、荷物に鍵を入れて宅配便などで送ってしまい、荷物より先に帰ってきてしまったというケースが多いようです。貴重品は必ず手元におく癖をつけたいものです。

店舗のシャッター

店舗のシャッターの鍵が回らず、シャッターが開かないというトラブル。原因は、内側から鍵を閉める際に、しっかり閉めていないためです。こんなちょっとしたことが、鍵トラブルのもととなります。

引戸錠

引き戸の鍵がうまくかからない場合、その原因は主に2つ。一つ目は引き戸の建付けがずれている、二つ目は鍵の劣化や消耗です。玄関が引き戸になっているような住宅は古い建物が多く、経年劣化が大きく関係しているようです。