鍵トラブルで使える保険

鍵トラブルに対応している保険がある

賃貸入居時に加入が必須となっている火災保険や任意の自動車保険には、鍵トラブルの応急対応を無料で行ってくれるサービスがついています。いざという時のために自身が加入している保険の内容を一度確認しておきましょう。

火災保険のサポートサービス

火災保険は建物や建物の中にあるものが火災などにあった場合に、その損害を補償してくれる保険です。家そのものである「建物」と家具や電化製品などの「家財」に対する保険をわけて契約することになっています。この契約している対象が火災で受けた損害の分だけ、保険金を受け取れることになります。火災保険は火災による損害だけでなく、地震や落雷、自然災害などによる被害も補償してくれる場合があります。どのような災害が補償の対象に含まれるのかは契約内容によって異なります。

火災保険に付帯するサポートや家財保険には鍵開けのサービスがあります。このサービスも保険会社により、契約内容に含まれているところもあれば、オプション扱いのところもありますが、火災保険で鍵のトラブルに対応できます。

自動車保険のロードサービス

自動車保険とは自動車事故に遭った時に、被害を受けた車の損害や治療にかかる医療費などを補償してくれる保険です。契約が義務付けられた強制保険である「自賠責保険」と任意で加入する「任意保険」があります。自賠責保険だけでは補償が不十分であるため、7割以上の人が任意保険に加入しています。

近年の自動車保険にはロードサービスが付帯されている場合が多く、事故以外のカートラブルにも対応してくれます。突然のガソリン切れに対するガソリン補給やパンク修理があります。また、鍵のトラブルにも対応しており、インロックの開錠サービスなどその内容は多岐にわたります。保険会社により、サービス内容や無償か有償かといった点は異なりますが、緊急時に役立つ非常に便利なサービスです。

鍵トラブル時の保険の対応内容

一般的に応急対応の30分以内に終わる開錠作業であれば、無料で行なってもらえます。30分以上の時間がかかる作業や、部品交換や鍵を作成する必要がある場合は料金が発生します。

保険会社によって様々な特徴があり、空き巣被害などの際にはシリンダーの交換まで補償してくれるといった充実した内容のものもあります。自動車保険であれば、インロックによる開錠は大抵無料で行ってくれます。

鍵トラブルは緊急性が高いため、迅速な対応が重要になります。これらの保険は、基本的に24時間年中無休で対応してくれますのでやはり加入していると非常に心強いものです。

サービスを利用しても翌年の保険料に影響しない

自動車保険のロードサービス

サービスを利用したら等級が変わって保険料が上がるのではないか、と不安に思われている方も多いかもしれません。しかし、火災保険や自動車保険の鍵トラブルサービスは、保険に付帯しているサービスのため、利用しても翌年の保険料に影響することはありません。

事後連絡でも払ってくれることがある

保険の内容を知らずに自分で業者を呼んで鍵トラブルに対応してもらった場合でも、事後連絡をすることでその費用を払ってもらえることがあります。そのため、事後でもいいので保険会社には連絡を入れましょう。その際、工事の領収書は必須になります。