地域を選択

関東地方から探す

決定する

株式会社日本ロック

営業時間
対応エリア 川崎市
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
金庫

「出張専門サービス」カギの生活救急車<神奈川店>

営業時間 24時間
年中無休
対応エリア 神奈川全域
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
スーツケース
ロッカー
金庫
シャッター

有限会社愛錠サービス服部ロック

営業時間 月~金 08:00~19:00 土 08:00~16:00 定休日:第2土曜、日曜、祝日
対応エリア 川崎市
最寄駅
対応可能な
箇所
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
金庫
シャッター

宮前ロックマンサービス

営業時間 08:00~20:00 年中無休
対応エリア 川崎市(宮前区、高津区、多摩区) 横浜市(青葉区、都筑区)
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
スーツケース
ロッカー
金庫

テツKEYロックサービス

営業時間 08:00~18:00 休業日:年中無休
対応エリア 川崎市
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
ロッカー
金庫

高津ロックセンター

営業時間 08:00~19:00
対応エリア 川崎市
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
ロッカー
金庫

かぎの神奈川キーステーション川崎営業所

営業時間 24時間営業 年中無休
対応エリア 神奈川県全域(離島除く)
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
金庫
シャッター

あさおロック・マスター

営業時間 24時間営業 年中無休
対応エリア 川崎市、町田市、相模原市、府中市、多摩市、稲城市、調布市、狛江市、横浜市
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
金庫

かぎのクボタ

営業時間 10:00~19:00 定休日:日曜日
対応エリア 川崎区、幸区、中原区、鶴見区、大田区
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
ロッカー
金庫

カギの救急車川崎店

営業時間 24時間対応 年中無休
対応エリア 川崎市
最寄駅
対応可能な
箇所
車、バイク(原付)
家・マンション(玄関ドア・引き戸、門扉、窓、ドア)、物置・倉庫
金庫
シャッター

川崎市で鍵交換・鍵開けをした人の口コミ

30代男性

金庫のダイアルを子どもがいたずらしてしまった

総合評価 4
作業
5
スピード
4
費用
3
接客
4

対応内容

ダイアルロックを設定せずに鍵だけで金庫を開け閉めしていました。しかしある日子どもが金庫のダイアルをいたずらしてしまい、気付いたときには金庫が開かなくなってしまいました。普段使う通帳なども入っていたため慌てて自分なりに格闘してみるも全く開く様子がありません。

これ以上素人が触っておかしくするのもダメだと思い、電話帳で見つけた鍵屋さんに連絡をとってみることにしました。申し訳ないのと恥ずかしい気持ちで電話したのですが、よくあることですからと快く対応していただき、無事に鍵も開いて良かったです。金額的には高い授業料になってしまいました。

20代女性

出張で合鍵作成

総合評価 3
作業
4
スピード
3
費用
3
接客
4

対応内容

先日外出中に自宅マンションの鍵を紛失してしまったので、その主旨を不動産会社に伝えたところ、マスターキーから新しく合鍵を作る事となりました。

しかし外に持ち出されてマスターキーを無くされてしまったら大変だという事で、結局不動産会社まで最寄の鍵屋さんに来てもらい、合鍵を作製をお願いしました。

合鍵作製自体は凄く短時間で完了して良かったのですが、やはり出張という事で通常のお店に持ち込んでの合鍵作製よりもお金がかかったので、正直痛かったです。

川崎市の街の情報

京浜工業地帯の中心として高度成長を支えてきた神奈川県・川崎市は、工業地帯に加え、田園地域や新興住宅地と様々な顔を持っています。東京へのアクセスが良いことから人口は増える傾向にあり、若者が多い活気に満ちた都市だと言われています。しかし過去には、市民を苦しめた公害問題を抱えてきました。
川崎市に初めて大規模工場が建設されたのは1907年で、その後様々な企業が進出し、50年代からは公害が問題視され始めました。最も深刻だったのは70年代の大気汚染による喘息被害で、これは川崎公害訴訟に発展しましたが、結果的に14企業が謝罪。1999年5月の東京高裁で和解・合意された経緯を持っています。
そんな川崎市が現在推進しているのが、環境先進都市モデル「川崎エコタウン」です。これは臨海地区に工場を構える企業が主体となり、地域への負荷を削減し、環境と産業が調和する都市を目指すものです。
画期的なのは、排出物を「資源」として隣接する企業間で循環させる世界トップクラスの技術で、海外からも多数視察に訪れると言われています。
昔の公害問題から学び、環境技術を活かし、川崎市は今や国際社会へ貢献する都市へと変貌しているのです。